エンタメ 雑談

Apple Arcade日本で9/20リリース!対応OS・タイトル・コントローラは?スクエニ・コナミ・カプコンも参加

Apple の月額ゲームサービスのApple Arcade2019年9月20日(日本時間)からプレー可能になります。

ゲームサブスクリプションサービスであるApple Arcadeは、現地時間だと9月19日から月額4.99ドル(600円)で提供され、1か月間の無料プレイ期間があり、1アカウントで6人まで共有することができます。

スクエニ、コナミ、カプコンといった日本ではおなじみのゲーム会社も提携しているので、今後の展開が楽しみなゲームプラットフォームサービスです。

Apple Arcadeについてもう少し詳細を見ていきましょう!

スポンサーリンク

Apple Arcade 概要

覚えておく特徴から

特徴

・2019年9月20日から公開
・月額600円
・1ヶ月の無料期間あり
・広告、追加化課金なし
・iPhone、iPad、Mac、Apple TVでプレイ可能
・100以上のゲームに無制限にアクセス可能
・コナミやスクウェア・エニックス、カプコンなどと提携している
・家族が6人までサブスクの共有可能
・別のデバイス上で続けられる
・ダウンロード可能。オフラインでもプレイ可能
・App StoreのArcadeタブからアクセスできる

Apple Arcadeは、サブスクリプション型のゲームプラットフォーム(ゲーム版Netflix)で、日本では、2019年9月20日からプレー可能です。

月額600円で、家族6人まで同じサブスクリプションを共有できます。1カ月の無料期間があり、気になる方はとりあえず試してみることをオススメします。

ゲーム内では、広告もありませんし、アプリ内の追加課金もなし。

ゲームは100タイトル以上用意されていて、毎月新作がリリースされる予定です。アクションゲームやアドベンチャーゲーム、パーティゲームやパズルなど幅広い分野が提供されます。

コナミスクウェア・エニックスカプコンなどと提携しているので質の高いゲームがリリースされていくと思われます。

iPhone、iPad、Mac、Apple TVでプレイ可能で、一つのデバイスで始めたゲームを途中から違うデバイスで楽しむことができます。

iPhone、iPad、Mac(macOS)、Apple TVのApp StoreのArcadeタブからアクセスできます。

ゲームコンテンツはダウンロードできるので、飛行機の中などでオフラインでも楽しめます。

対応OSプラットフォーム

プラットフォーム別 提供時期(日本時間)
iPhone 9月20日(iOS 13)
iPadOS 10月1日(iPadOS)
Mac   10月中(macOS Catalina)
Apple TV 10月1日(tvOS 13)

2019年9月時点では、各デバイスでアップデートが必要になります。

Apple TV HD (32GB)

新品価格
¥16,441から
(2019/9/12 18:52時点)

ゲームタイトル

100以上の専用ゲームタイトルが用意され、毎月新タイトルがリリースされる予定です。すでに発表されている範囲で、紹介します。

※画像はすべてapple.com が参照元です。

Gameloft - 「弾丸ベースボール」野球ゲーム

セガ - 「チューチューロケット!ユニバース」は、セガのパズルゲーム。

Devolver - 「Exit the Gungeon」地獄の迷宮から脱出するゲーム。

スポンサーリンク

Finji - 「オーバーランド」アドベンチャー。危険な生物と戦ったり、旅人を助けたり、物資をあさって生き延びる

バンダイナムコ - 「PAC-MAN Party Royale」4人プレーヤーがバトルモードで闘う。

Blowfish - 「Projection: First Light」

Ubisoft -「Rayman Mini」蟻サイズになった主人公は昆虫、キノコ、植物を使ってできるだけ速く世界を駆け抜ける。

Rogue Games - 「Super Impossible Road」 未来的な高速レーシングゲーム。

Bossa - 「The Bradwell Conspiracy」アドベンチャーゲームです。

WayForward - 「Shantae and the Seven Sirens」、広大な水中都市を探検する。

スポンサーリンク

他にも、

Snowman - 「Skate City」はストリートスケート

スクウェア・エニックス - 「 VARIOUS DAYLIFE」ロールプレイングゲーム

コナミの「Frogger」に、カプコンの「hinsekai: Into the Depths」と、音楽系の「Sayonara Wild Hearts」などなど。

コントローラー

大半のコントローラーは対応しているようなので、すでに持っている方はそちらで試してみてください。

MFiコントローラー(SteelSeries Nimbus)がオススメになりますが、若干高いですし、Apple 専用といったところ。

SteelSeries Bluetooth接続 Apple製デバイス対応 ワイヤレスゲーミングパッド(ブラック)Nimbus Wireless Controller Black 69070

新品価格
¥7,300から
(2019/9/12 19:25時点)

PS4のコントローラー、Xbox Oneコントローラーでも対応しているようです。

まとめ

Apple Arcadeは、サブスクリプション型のゲームプラットフォーム(ゲーム版Netflix)はAppleにしては、安いサービスを提供しますが、今後、Google Stadia とどういった争いをしていくのかにも注目していきましょう!

-エンタメ, 雑談