政治・経済・その他ニュース

菅義偉プロフィール・政策・家族・性格は?「令和おじさん」は人事掌握にたけた政治家

長い間、安倍政権で官房長官を務めてきた菅義偉さん。総理候補としても名前が挙がっています。

堅い表情で反政権のマスコミに対しても、冷静に対応している菅義偉(すがよしひで)さんのプロフィール経歴家族政策についてまとめています。

スポンサーリンク

 

菅義偉プロフィール 性格

名前:菅義偉(すが よしひで)
生年月日:1948年12月6日
出身地:秋田県雄勝郡秋ノ宮村
学歴: 法政大学第二部法学部政治学科 卒業

内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣、横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、郵政民営化担当大臣、自民党幹事長代行などを歴任。

親は農家という、他の政治家とは違い、たたき上げの政治家です。

市議から官房長官にのぼりつめました。

性格はいたって真面目なので、面白みが少しないですが、総務大臣の時に人事を掌握し、そこから、一気に内閣のキーマンとなっていきます。

令和おじさん」としてかわいいといわれたりしていましたが、本来は、人事を握って、厳しい施策を行う人物です。

熱くなる安倍さんとは違い、冷静に対応する性格です。

人脈も幅広く、海外の経済学者や、著名な経営者などとも交友があります。

 

家族 父親、妻や息子さんたち


秋田の農家に長男として生まれました。

父親は、イチゴのブランド化に成功して、その後、町議会議員などを務めました。

結婚していて、お相手は、同僚の姉であった真理子さん。息子さんが3人いらっしゃいます。

息子さんたちは民間企業に勤めているようです。

三男の同級生にRADWIMPS野田さんがいます。

 

学歴

雄勝町立秋ノ宮小学校
雄勝町立秋ノ宮中学校
秋田県立湯沢高等学校
法政大学第二部法学部政治学科


高校卒業後、父親からは農業大学に進学するように言われますが、断って、集団上京します。

段ボール工場で2年働いていました。学費が安い法政大学第二部法学部政治学科に進学し、卒業後、建電設備株式会社(現、株式会社ケーネス)で働きます。

経歴

1975年、自由民主党の衆議院議員だった小此木彦三郎の秘書になり、11年の間秘書を務め、1983年、小此木の通商産業大臣就任時には大臣秘書官になりました。

1987年、神奈川県の横浜市会議員選挙に西区選挙区から出馬。当選し、市議を2期務めました。市長から人事案などの相談を頻繁に受けたりと、「影の横浜市長」と呼ばれていました。


1996年の第41回衆議院議員総選挙に神奈川2区から自民党公認で出馬、衆議院議員に初当選します。

竹中平蔵総務大臣の時に総務副大臣として情報通信、郵政を担当します。総務省内部統制のトップを任され、人事権なども行使したといわれています。この時の経験が、のちの官僚のコントロールがうまいと評価される礎になります。

総務大臣まで

NHKに拉致問題を報道するように法律を活用して働きかけたり、2007年には年金記録問題で、厚生労働大臣の柳澤伯夫ではなく総務大臣であった菅さんが検証を担当しました。

ポスト小泉を選出する2006年自由民主党総裁選挙に、安倍晋三さんを擁立することに尽力します。総裁選で安倍さんが勝利し、同年9月に発足した第1次安倍内閣では当選わずか4回にもかかわらず総務大臣に任命されました。

その後、自民党選挙対策総局長に就任。「私の仕事は首を切ること」と発言し、候補者の大幅な調整をしました。

麻生内閣では低支持率のなか、積極的な政策提言を行い、政府紙幣や無利子国債発行、世襲制限をうったえました。

2010年、自民党国会対策副委員長及び広報本部長代理に就任、2011年、自民党組織運動本部長に就任。

2012年4月、郵政民営化法改正案の採決で、賛成する党の方針に反して反対。

2012年自由民主党総裁選挙に先立ち、甘利明さんの協力を得て安倍晋三元総理の総裁復帰を画策して、麻生太郎さんまで引き入れて安倍さんを総理にしました。

スポンサーリンク

 

官房長官

第2次安倍内閣の発足と同時に、内閣官房長官に任命される。

2013年、郵政民営化が進まない日本郵政社長の坂篤郎を就任6か月で退任させて、顧問職からも解任。

アルジェリア人質事件では、前例のない日本国政府専用機の派遣を行いました。防衛省は反対していましたが、強行しました。

2014年5月、内閣人事局の局長人事を主導。人事権を掌握し、内部の情報を統制していたというわれています。
影の総理大臣といっても過言ではないでしょう。

2016年7月7日、内閣官房長官の在職期間が1,290日となり、歴代1位の在職日数を記録

2019年4月1日、新元号を発表。「令和おじさん」といわれました。

2020年8月29日、党総裁と内閣総理大臣の辞任を表明した安倍さんの後任になるために自民党総裁選挙に出馬する意向を固めたと報道されました。おそらく次の総裁選までのつなぎ役になるつもりだと思われます。

 

政策

菅義偉さんの政策、考え方をまとめました。

  • 憲法改正に賛成
  • 集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成
  • 原発再稼働賛成
  • 日本の核武装反対
  • 女性宮家に反対

自民党なので、改憲派であることに驚きはないですね。

集団的自衛権の解釈がどうとでも取れるので、自衛権の行使は大事な考えになってきますが、別に好戦的であるわけでなく、核武装は反対の立場です。

ほぼほぼ、安倍晋三さんと同じような考え方ですね。

まとめ

  • 菅義偉さんは、たたきあげの政治家で、安倍長期政権のなかで官房長官を担ってきた
  • 総務大臣時代から人事掌握にたけた人物で、性格は真面目
  • 総理大臣候補にも名前が挙がる人物

-政治・経済・その他ニュース