エンタメ 無料動画・書籍 紅白

紅白2019曲順・出演者/演奏曲!令和最初のNHK紅白歌合戦の見どころやトリは?

令和最初のNHK紅白歌合戦(第70回)2019年12月31日大晦日に放送されます。

気になるのは、出演する歌手とその楽曲、そして曲順ですね。

出場歌手演奏曲、曲の順番(タイムテーブル)見どころ、トリをまとめました。

スポンサーリンク

出場歌手・曲順(タイムテーブル)と見どころやトリは?

出演される歌手の方が発表され次第更新します!

2018年の曲順とトリ、見どころ

平成最後のNHK紅白歌合戦の曲順を振り返ってみましょう!

前半、後半と分かれているのでそれぞれ見ていきましょう!

2018年 前半

順番出場歌手(出場回数)演奏曲
1三代目 J Soul Brothers(7)R.Y.U.S.E.I.
2坂本冬美(30)夜桜お七
3郷ひろみ(31)GOLDFINGER'99~GO!GO!2018~
4Little Glee Monster(2)世界はあなたに笑いかけている
5山内惠介(4)さらせ冬の嵐~刀剣男士コラボスペシャル~
6DAOKO(初)打上花火
7Hey! Say! JUMP(2)Ultra Music Power ~Hey! Say!紅白スペシャルver.~
8丘みどり(2)鳰の湖
9天童よしみ(23)ソーラン祭り節2018~どさんこver.~
10Suchmos(初)VOLT-AGE
11純烈(初)プロポーズ
12あいみょん(初)マリーゴールド
13水森かおり(16)水に咲く花・支笏湖へ~イリュージョンスペシャル~
14Sexy Zone(6)カラクリだらけのテンダネス~2018紅白ver.~
15刀剣男士刀剣乱舞~出陣!紅白歌合戦~
16Aqours君のこころは輝いてるかい?
17YOSHIKI feat. HYDE(初)Red Swan
18YOSHIKI feat. サラ・ブライトマンMiracle
19島津亜矢(5)時代
20五木ひろし(48)VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~

前半のトリは五木ひろしさんでした!

前半 見どころ

第69回紅白歌合戦のトップバッターは、三代目 J Soul BrothersR.Y.U.S.E.I.です。

あいみょんの初出場は楽しみです!

前半のトリは五木ひろしさんで、48回目の出場ってすごすぎる。。。。。

スポンサーリンク

 

2018年後半

順番出場歌手(出場回数)演奏曲
1DA PUMP(6)U.S.A.
2いきものがかり(10)じょいふる
3AKB48(11)恋するフォーチュンクッキー
4福山雅治(11)2018スペシャルメドレー
5King & Prince(初)シンデレラガール
6Perfume(11)Future Pop 紅白SP
7関ジャニ∞(7)ここに
8欅坂46(3)ガラスを割れ!
9三山ひろし(4)いごっそ魂~けん玉世界記録への道、再び~
10西野カナ(9)トリセツ
11SEKAI NO OWARI(5)サザンカ
12乃木坂46(4)帰り道は遠回りしたくなる
13北島兄弟ブラザー北島三郎まつり
14TWICE(2)紅白メドレー2018
15EXILE(12)EXILE紅白スペシャル2018
16Superfly(3)Gifts
17三浦大知(2)Be Myself~紅白スペシャル~
18aiko(13)カブトムシ
19松田聖子(22)SEIKO DREAM MEDLEY 2018
20氷川きよし(19)勝負の花道~世界に響く和太鼓SP~
21椎名林檎(6)と宮本浩次(初)獣ゆく細道
22松任谷由実(3)私が好きなユーミンのうた~紅白スペシャル~
23星野源(4)アイデア
24米津玄師(初)Lemon
25MISIA(3)アイノカタチ 2018
26ゆず(9)うたエール
27石川さゆり(41)天城越え
28嵐(10)嵐×紅白スペシャルメドレー
29サザンオールスターズ(5)勝手にシンドバッド・希望の轍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]
価格:2851円(税込、送料無料) (2018/12/27時点)

 

楽天で購入

 

 
後半 見どころ

後半のトップバッターは、2018年に再ブレークしたDA PUMP
続いて活動復帰のいきものがかりは盛り上がりました。

おおとりサザンでした。幅広い世代の方が見ることができた紅白だったのではないでしょうか。がトリだと思っていた人も多いの要でした。

ユーミンも出場し、上の世代が楽しめる実力者を揃えてきました。

演歌はちょくちょく挟んできますが、後半のほうが見どころ満載でしたね。

一番の驚きだったのは、米津玄師の紅白出場でした。歌いだしは、CDを聞いているのではないかと思うぐらいクオリティが高く、びっくりしました。若い世代で絶大の人気を誇っている理由がわかりましたね!

スポンサーリンク