日記 育児

産後の抜け毛の原因・時期・対策について

2019/10/08

産後2ヶ月ぐらいした時に、シャワーを浴びていると、手にものすごい量の髪の毛がついていて、すごくショックを受けたことを覚えています。そのころから、おでこのあたりが気になるほど髪の毛が薄くなってきました

我が家では「産後ハゲ」という共通語ができて、産後4ヶ月ごろがマックスで薄くなってしまい、写真を撮る時は細心の注意を払っていました。

「サイトウサンだぞ」といっている芸能人を見ても全然笑えなかったです。掃除をしている時も、今まで見たことのない抜け毛がそこらじゅうにあって、ショックを受けました。

産後の抜け毛はほかの多くの方も経験されているようです。

スポンサーリンク

産後ハゲ原因

自分なりに調べてみましたが、細かいことは頭に入らないので、自分なりにまとめてみました。

そもそもの原因は、女性ホルモンの変化が主な原因のようです。

妊娠中は女性ホルモンが増えて、毛が抜けにくくなります。私もほかの人たちと同じように、妊娠中、体毛が濃くなりました。産婦人科に行くときに毛を処理するか迷いましたが、お腹が大きくなるにつれて恥ずかしさもなくなってきて、毛を処理するのはやめました。毛の処理といっているのはお腹の毛です。

産後、女性ホルモンが急激に減少するので、それでそれまで抜けなかった毛が抜けるようです。産後ハゲとは関係なく、ハゲになるのは生活習慣のほかにホルモンも関係しているとは聞いたことがあったので、すごく納得できました。

確かに、私の場合も、髪の毛以外の毛もうすくなりました。

その他にも、生活習慣ストレス睡眠時間などが原因になるそうです。

産後ハゲ時期

人にもよると思いますが、私の場合は、産後2ヶ月ごろからひどくなり産後6ヶ月ほど復活してきました。

友人は産後1年くらいかかっていました。一般的にも、産後 6~12ヶ月ぐらいで戻るようです。

産後ハゲ対策

あたりまえのことかもしれませんがが、原因に対する対策をあげてみます。

  • できるだけ規則正しい生活を送る。
  • ストレスをためない。
  • 睡眠時間を確保する。

赤ちゃんがいたら、上記の対策はなかなか実行できないので、私はストレスをためないことと栄養価の高い食事を取ることだけは、意識していました。

最後に

私の場合は、
「そこまで心配しなくても、いつかは戻る」と自分に言い聞かせて、なるべくストレスをためないように過ごしました。

生後半年頃から徐々に髪の毛が復活してきて安心しました。

-日記, 育児