政治・経済・その他ニュース

北朝鮮資産凍結35団体リストや対象個人/団体について・追加制裁と各国の反応・アメリカ日本の協力体制

2018年11月7日に、トランプ大統領来日の本当の目的である北朝鮮問題への対応で進展がありました。

核ミサイルの開発を進める北朝鮮への制裁として、新たに35団体・個人の資産凍結を決めました。9団体と26人が対象となっていますが、「新たに」という表現でもわかるとおり、今までもミサイル開発に関係している団体や個人に対し資産凍結などの対策を実施しています。

安倍内閣、外務省は、今までも国連の安保理で北朝鮮への経済制裁を決議したり、日本だけでなく他の国を巻き込んで北朝鮮のミサイル開発を阻止しようと努力していました。

ですが、国連加盟国である北朝鮮は、国連内部にも北朝鮮の影響力が及ぶように人を派遣しているので、どうしても国連だけの経済制裁には限界がありました。

そういった背景も今回の資産凍結に関係しているようです。

北朝鮮関連で資産凍結になっている団体や個人はどういった組織で誰なのでしょうか?資産凍結の対象となった団体や個人について調べてみました。

スポンサーリンク

2018年11月7日に資産凍結が決まった団体と個人

今回資産凍結の対象となったのは、団体としては、農業開発銀行や朝鮮中央銀行といった金融機関です。

個人は、北朝鮮人で、中国、ロシア、UAE、リビアなどで金融取引に携わった人達です。ドバイの住所の人もいて、意外と様々な国で活動していることがわかります。北朝鮮のお金を金融取引で、増加させるような活動をしていたと思われますが、証券などで失敗したら母国に帰れる気がしませんね。

確固たる証拠を見つけて、経済制裁をするはずなので、日本の情報機関も凄い組織なのではないかと思います。CIAのような機関は日本にはないので、警察が調べたということになるのでしょうか。

団体一覧

  • アグリカルチュラル・デベロップメント・バンク
  • セントラル・バンク・オブ・ザ・デモクラティック・ピープルズ・リパブリック・オブ・コリア
  • チェイル・クレジット・バンク
  • ハナ・バンキング・コーポレーション・リミテッド
  • インターナショナル・インダストリアル・デベロップメント・バンク
  • ジンミョン・ジョイント・バンク
  • ジンソン・ジョイント・バンク
  • コリョ・コマーシャル・バンク・リミテッド
  • リュギョン・コマーシャル・バンク

北朝鮮と関係が深いパチンコ業界や、北朝鮮学校、朝鮮総連関連の団体などは対象になっていないようです。
政治政党との関係も深くなかなか手を入れにくいところなのでしょうか。

パチンコ業界に対して国会で発言する議員は山本太郎議員ぐらいしかいません。。。。

個人のリスト

個人のリストは、コチラから確認してください。日本政府から資産凍結をされている一覧は財務省のページから確認できます。エクセルでダウンロードも可能です、気になる方は見てみてください。制裁内容も載っているので併せて確認することが可能です。

ここでは一部だけ載せてみます。

名前 リョム・フィボン
役職 コリア・クムガン・グループ・バンクのドバイにおける代表者
国籍 北朝鮮
生年月日 1961年9月18日
性別 男性
住所 アラブ首長国連邦ドバイ首長

等26名

スポンサーリンク

 

期待できる効果は?

安倍首相日米首脳会談で、北朝鮮への制裁対象を広げると表明していました。

北朝鮮のミサイル開発に対して、日米両国で協力し最大限の圧力をかけていくようです。安倍首相の「対話ではなく、最大限の圧力をかける局面だ」という言葉からも安倍総理の決意と状況があまりよくないことが伝わってきます。

今回の制裁で期待できる効果がどこまであるかは、わかりませんが、やらないよりやったほうがいいことはわかります。これまでも、北朝鮮の核ミサイル開発に関わる団体や個人への資産凍結や、北朝鮮からの船舶の入港禁止を実施し制裁を行ってきましたが、ミサイル開発は止まりませんでした。今回はどうなるのでしょうか?

経済制裁をしても北朝鮮が止まらないと、開戦が近づいてきてしまうので、どうにか北朝鮮には核ミサイル開発をやめてほしいです。核実験、ミサイル発射実験を大々的に行うことで(いい宣伝になってしまう)、イランやテロ組織への武器の輸出を加速させてきた北朝鮮ですが、今後の動きが気になりますね。

各国の反応は?

今回の経済制裁で、北朝鮮の金正恩総書記はどういった反応をするのでしょうか。

個人で資産凍結の対象になった人は、中国、ロシアに住んでいる人達だったので、この2つの国の反応も気になります。中国は今までも北朝鮮に対する経済制裁が甘いと指摘されることも多かったのですが、ここに来て北朝鮮への当たりが強くなってきました。日本・アメリカの外交の成果ともいえるかもしれません。

アメリカの大学生が北朝鮮でつかまり、拷問を受けて結果的に死亡してしまった事件があり、アメリカ国内でも北朝鮮に対するネガティブな考え方が前より強くなっています。戦争になってもおかしくないこの状況下なので、北朝鮮はアメリカやそのアメリカと同盟国である日本を刺激しないようにしてほしいですね。

 

-政治・経済・その他ニュース