サッカー

バカヨコ(フランス)プレースタイルやポジションは?移籍情報は?ビッグクラブが注目?!

2017/07/20

同じチームでプレーしてるムバッペ選手に注目が集中していますが、ASモナコには他にもいい選手がそろっています。中でも、中盤のそこを務めているバカヨコ選手には、イングランドのチェルシーも注目していると噂になりました。

2017年夏に、モナコからチェルシーに4000万ポンド(約59億円)で移籍が決定しました。(2017年7月追記)

そんなバカヨコ選手のプレースタイル(動画)やポジション、移籍情報を紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

名前: ティエムエ・バカヨコ (Tiemoue Bakayoko)
ポジション: MF (ディフェンシブ)
生年月日: 1994年8月17日
出身地: パリ (フランス)
身長: 184 cm
体重: 72 kg
利き足:右足
所属:チェルシー
背番号: 14

急成長している注目の守備的MFです。
2016-17シーズンは、ASモナコで、J・モウティーニョなどとの熾烈なポジション争いに勝ち、レギュラーとして32試合に出場しました。

経歴

2013-14シーズンは、スタッド・レンヌで過ごし、
2014年からは、ASモナコでプレーしています。

2014–15シーズンは、リーグ戦12試合の出場、2015–16シーズンは、リーグ戦19試合の出場と徐々に出場機会を増やし、
2016-17には、コンスタンスにスタートから出場するようになりました。

もっとも注目を浴びたのは、CLでの得点で。
2017年3月15日、決勝トーナメントの1回戦の2ndレグのマンC戦でのゴールです。得点は少ない選手ですが、いいところで決めました。モナコのチャンピオンズリーグベスト4に大きく貢献しました。

代表経歴

各年代のフランス代表でプレーし、2017年3月にポール・ポグバが負傷し、フランス代表に初招集されました。
2016-17シーズンの活躍を見ると、今後も代表に呼ばれそうです!

スポンサーリンク

プレースタイル・ポジション

強いフィジカルを生かしたボール奪取が特長です。結構激しいタックルは見ていて迫力がありました。1対1も強いように見えます。
守備面だけでなく、パスもうまく、現代サッカーで求められる能力を持っているといえそうです。

ビッグクラブへ移籍?!

パリ出身ということもあり、将来的にはPSG(パリ・サンジェルマン)へ移籍したいといっていました。
PSGではモッタ選手とポジションがかぶります。

2016-17シーズンの冬には、チェルシーからも狙われているという噂が出ました。
チェルシーだとマティッチ選手やカンテ選手とポジションがかぶりますね。

強豪チームに行けば激しいポジション争いが待っていますが、若さと才能を考えると、勝ち残れそうですね。
モッタの年齢を考えるとPSGのほうがチャンスがあると思います!

モナコとの契約は2019年まで残っています。フランス代表に選出される逸材であることと移籍金のことを考えると、2018年には移籍するのではと予想します。

⇒ 2017年7月15日に、モナコからチェルシーに4000万ポンド(約59億円)で移籍が決定しました。(2017年7月追記)

ことごとく予想が外れてしまいましたが、チェルシーでもバカヨコ選手の活躍が楽しみです。

-サッカー