エンタメ

オリラジ中田/独立・吉本退社・解散?ダウンタウン松本と雨上がり宮迫との対立が原因?!

引用:http://shingakunet.com/journal/column/20140917170000/

オリエンタルラジオの中田さんは、最近では、テレビでは芸人というより辛口コメンテーターとして活躍されていますが、その過激なコメントが原因で、解散や独立報道が流れています。特に不倫報道には、同じ事務所の先輩(宮迫さん)とか関係なく厳しいコメントを残しています。

2017年春に、脳学者の茂木健一郎さんが日本のお笑いをディスった発言をし、その発言にダウンタウンの松本人志さんが反撃して事が収まろうとしていたところに、オリラジの中田さんが茂木さんの意見に同意し、松本さんと対立する考えを発言してしまいました。

このような過激な発言を受けて、インターネット上では、オリエンタルラジオが吉本興業を退社し、独立するのではないかと噂されています。また、オリラジ中田さんは政治に興味があるとの噂もあり、政界進出することになれば、オリラジの解散説も予想されているようです。今後の過激な発言を続けていきそうなオリラジ中田さんですが、解散説や独立説についてまとめてみました。

スポンサーリンク

独立報道のきっかけ

ダウンタウン松本さん、雨上がりの宮迫さんとの対立がフォーカスされていますが、そもそものきっかけは何だったのでしょうか?

ベッキーの不倫報道時のオリラジ中田さんのコメントだと思います。ベッキーが文春側に手紙を送ったことを中田さんが「あざとい」と発言しました。それを受けて、ベッキーと仲のいい宮迫さんが、バイキングで「そんなひどいことよく言うな。今度会ったらキレてやる」と発言したことがありました。ベッキーの不倫報道時の発言がそもそものきっかけだったと言ってもいいでしょう。

そこから、茂木さんの発言に対するダウンタウン松本さんの意見・態度への批判、宮迫さんの不倫に対する激しい批判と続き、独立報道がでるまでになりました。

ダウンタウン松本さんと雨上がりの宮迫さんとの対立についてもう少し見ていきましょう。

雨上がり宮迫さんとの対立

ベッキーさんに対するあざとい発言が原因で、宮迫さんと対立しましたが、ダウンタウン松本さんは、事務所の後輩が些細なことでいい争っているのが耐えられなかったのか、「ベッキーなんかでもめんなや」と言っていました。しばらくして収束した旨のコメントが中田さんからあり、一度は対立姿勢も解消されたように見えました。

が、2017年の夏に宮迫さんの不倫報道があると、
「今は笑いで済ませれる時代でもないし、笑いで済ませられるレベルでもない。ホワイトであるなら説明する義務がある。闘病を支えてきた奥さんに対しても、あるのかなと思う」と発言。

もともと「絶対に不倫NG」を公言しているので当たり前の発言ですが、今までの付箋が効いてきて、ますます対立しているように見えるようになってしまいました。
この発言に対し、宮迫さんは特に反応していません。宮迫さんが悪いから反応のしようもないですが…

特に反応していないからといって、このような発言で宮迫さんのもいい気分ではないと思います。また、他の芸人さんたちは笑いに変えて宮迫さんをいじっていたので、その対比も面白いですね。笑いなしの正論しか言わない中田さんには、他の芸人さん達からは批判が出ているそうです。

確かに正論で、不倫NGも当たり前だと思うのですが、コメントが笑えないのは芸人としてどうなんだ?という批判があるのでしょう。

ダウンタウン松本さんとの対立

ベッキーの不倫騒動時の宮迫さんと中田さんが対立した時は、「ベッキーなんかでもめんなや」と後輩のケンカを収めた松本さんに対しても、中田さんは噛み付いてしまいました。

脳科学者の茂木健一郎さんが、日本のお笑いを批判して、炎上した際に、松本さんは自分の番組に茂木さんをよんで、茂木さんに反論したことがありました。それに対してオリラジ中田さんは茂木さんを擁護します。
まずは茂木さんの発言から見てみましょう。

「日本の近年の地上波テレビにおける「お笑い」は、賞味期限切れ。お笑い芸人の間の上下関係に気づかい、ひな壇芸人はいつ発言してよいか、大物司会者の空気を読み、へつらい、つまりはロックじゃない。鋭い社会批評があればこそ尊敬されるコメディアンの姿勢からは、程遠い」

日本の「お笑い芸人」のメジャーだとか、大物とか言われている人たちは、国際水準のコメディアンとはかけ離れているし、本当に「終わっている」。

と茂木さんはSNS上で発言してしまいます。

確かにアメリカのスタンドアップコメディ等では、社会批評をユーモアたっぷりに表現しています。
ただし、この発言は、日本のお笑い界を敵にまわしただけでなく、日本のお笑い好きの人達からも嫌われたと思います。
個人的には、茂木さんの意見には全然同意できませんが、脳科学者の茂木さんではなく、大物の芸人さんが言えば違ったかもと思います。

この茂木さんの発言を受けて、
松本さんが、ワイドナショーで「笑いのセンスがない茂木さんに言われても全然刺さらない」と発言しました。茂木さんは元気なさそうで少しかわいそうでしたが、松本さんの意見に賛同する人も多かったようです。

ワイドナショーでのやり取りに中田さんが反応します。

大御所にセンスがないとか価値を決められてしょげ返っている様子こそが茂木さんの意見通りだったのに。茂木さんの指摘、当たってたのに。なんで「ほら、これですよ」と言えなかったのだろう。まあ、あの場では言えないか。怖いですもんね

とブログで松本さんを批判しました。

これに対して松本さんも特に反応していません。

事務所側から、松本さんに謝罪するように言われたらしいのですが、中田さんは拒否しました。
その後、中田さんは公式Twitterを休止しています。

松本さんや宮迫さんは、もしかしたら気にしていないかもしれませんが、周りの芸人さんや番組スタッフのほうが気にしてしまっていると思います。今後、松本さんや宮迫さんが出演されている番組には、周りも気を使ってなかなか出れないのではないでしょうか。もしそうなら、嫌われていない藤森さんがかわいそうですね。

スポンサーリンク

解散や事務所移籍、独立はあるのか?

事務所や先輩たちとの対立を受けて、解散や独立、または事務所の移動はあるのでしょうか。

解散について

自動車事故の受付オペレーターのバイトで知り合い、コンビを組んですぐにブレイクした二人ですが、そもそも、オリエンタルラジオ自体の仲はあまりよくない印象があります。

ラジオ番組の公開放送中に、「エヴァンゲリオンを観たか観てないか」が原因で殴り合いのケンカをしてしまうなど、不仲説は昔からあります。

オリエンタルラジオは、1度ブレイクした後に人気は低迷してしまいましたが、チャラ男キャラや PERFECT HUMAN 、中田さんの知的キャラで再ブレイクをし、大事な時期に、今回の先輩たちへの発言ですので、藤森さんが愛想を尽かしてしまっても、不思議ではないですね。

政界進出に挑戦したいと中田さんが言っているという噂もあり、藤森さんは良くは思っていないのではないでしょうか。
個人的には、コメンテーターから政界進出は難しいのではと思います。知名度は抜群で、若い人達からの支持が得られることを考えると当選できそうですが、世間の好感度はそこまで高いのかは疑問です。

引用:http://gree.jp/yamamoto_taro/

元タレントの山本太郎さんのように、タブー(パチンコ業界など)とか関係なく国会で発言するような政治家になるかもしれません。

事務所移籍や独立はあるのか?

吉本興業としても、厄介者になりつつあるオリエンタルラジオの中田さんは移籍や独立をしても、文句はないのではないでしょうか。藤森さんも中田さんも人気者なので、慰留はするけど無理やり止めはしないと予想します。

大御所では独立している人達も多いので、出演番組がすぐ減らないのではないでしょうか。

独立となると、タレント業以外にも気を配りながら仕事をすることになり大変なので、事務所移籍が現実的かと思います。
移籍先としては、ワタナベエンターテインメント、サンミュージック、ソニー・ミュージックなどが候補となります。

ワタナベエンターテインメントには、ロッチのこかどさんなど元吉本の芸人が多くいます。
サンミュージックには、元吉本のカンニング竹山さんがいます。
ソニー・ミュージックには、元吉本のバイきんぐ小峠さんがいます。ソニー・ミュージックには少し変わった個性を持ったタレントが多く、アキラ100%、AMEMIYA、コウメ太夫、ハリウッドザコシショウなどが所属しています。

ソニー・ミュージックは来る者拒まずの姿勢なので、移籍しやすいはずです。

最後に

オリエンタルラジオが解散するか独立するか、それとも吉本に残るかはまだ不明ですが、どちらにしろ円満に解決してほしいですね。これからも中田さんのキレのあるコメントで世間を騒がしてほしいです。政治家にだけはならないでほしいと思います。政治家になるとボケても笑えなくなりますしね。。。

-エンタメ