サッカー ロシアワールドカップ

レヴァンドフスキ(ポーランド)プレースタイル・プレー動画。レアルへの移籍情報も!香川の元同僚!

2018/05/28

世界ナンバー1ストライカーとも言われているポーランドサッカー代表のレヴァンドフスキ。所属するクラブではゴールを重ね得点王にも輝き、優勝も経験しています。

2015年のヴォルフスブルク戦で9分間で5ゴールを決めるという離れ業を成し遂げ、得点能力の高さを見せつけました。

そんなレヴァンドフスキのプロフィール・プレースタイル、プレー動画を紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

名前: ロベルト・レヴァンドフスキ
(Robert Lewandowski)
愛称: レヴィー(Lewy)
生年月日: 1988年8月21日
出身地: ワルシャワ(ポーランド)
国籍: ポーランド
身長: 185 cm
体重: 79 kg
利き足:右足
ポジション: FW (センターフォワード)
所属:バイエルン・ミュンヘン
背番号: 9

レヴァンドフスキの家族はアスリート一家です。

レヴァンドフスキの父親は、柔道家で、ポーランドチャンピオンになったこともあり、サッカー選手としてもプレー経験があります。

母親はバレーボールプレーヤーでしたし、妹もバレーボールでナショナルチームに選ばれたことがあります。

レヴァンドフスキの妻は、空手家で、2009年のワールドカップで3位になっています。子供も娘さんが1人いて、将来アスリートになること間違いなし?

レヴァンドフスキは投資家の一面もあり、複数のベンチャー企業に投資を行っています。

経歴

所属チーム

2005-2006 ズニチュ・プルシュクフ (Znicz Pruszków)
2008-2010 レフ・ポズナン (Lech Poznań)
2010-2014 ボルシア・ドルトムント (Borussia Dortmund)
2014    バイエルン・ミュンヘン (Bayern Munich)

ズニチュ・プルシュクフ時代

当時ポーランド3部リーグのズニチュ・プルシュクフでキャリアヲスタートしました。2006-07シーズンに15ゴールを挙げて、得点王とリーグ優勝を獲得しました。

2部に昇格した 2007-08シーズンも21ゴールを挙げて、チームの1部昇格に貢献しました。

ズニチュ・プルシュクフでは59試合で36ゴールを記録しました(カップ戦を含めると63試合で37ゴール)。

レフ・ポズナン時代

2008年にレフ・ポズナンに移籍し、2008–09シーズンは14ゴール、翌シーズンは18ゴールを挙げチームの優勝にも貢献しました。

レフ・ポズナンでは58試合で32ゴールを記録しました(カップ戦を含めると82試合で41ゴール)。

スポンサーリンク

ボルシア・ドルトムント

2010年にボルシア・ドルトムントに移籍し、4年契約を結びます。2010-11シーズンは、ルーカス・バリオスのサブで途中出場が多かったにも関わらず、8ゴールを記録しました。ドルトムントはこのシーズンはリーグ優勝しています。

2011-12シーズンもドルトムントは優勝を飾り、レヴァンドフスキも22ゴールを挙げて優勝に貢献しました。

2012-13シーズンは24ゴールを挙げて得点能力の高さを示しました。

ボルシア・ドルトムントでは131試合で74ゴールを記録しました(カップ戦を含めると187試合で103ゴール)。

バイエルン・ミュンヘン時代

2014年7月にドルトムントからバイエルン・ミュンヘンに移籍します。

2014-15シーズンは17ゴールを記録、2015-16シーズンは30ゴールを記録しました。

ドルトムントに比べてもレベルの高くなった環境でもコンスタントに結果を残し、世界的なストライカーとしての地位を固めました。

2016-17シーズンも30ゴールを記録。バイエルンの最初の3シーズンで77ゴールを挙げいます。2017-2018シーズンも好調を維持しています。

バイエルン・ミュンヘンでは120試合で100ゴールを記録しています。(カップ戦を含めると182試合で142ゴール) 2018年3月時点

代表経歴

  • 2008 ポーランド U-21
  • 2008- ポーランド代表

代表初得点は、2008年9月10日のサンマリノ戦です。

ポーランド代表では91試合で51ゴール(2018年3月時点)を記録しており、今後もゴール数は増えていくと誰もが予想しています。

2018年のワールドカップの日本戦ではあまり活躍しないでほしいです。。。

プレースタイル・プレー動画

ヘディングでも右足、左足でもゴールを決めることができ、超万能型のストライカーです。

高さ、強さもありますし、スペースを作る動きや、飛び出しもでき、両足で正確なプレーが可能です。ゴールを決めるだけでなく、アシストもできます。プレー動画を見れば凄さが伝わると思います。

ボールロストも少なく、足元の技術も高いです。また、守備面での貢献も高いので、近代サッカーで必須の能力をすべて兼ね備えているといっていいでしょう。

ピッチの内外でも評価が高く、練習に対する姿勢や、メンタルの強さも賞賛されています。

プレー動画

移籍情報

これだけのストライカーなので、毎年ビッグクラブへの移籍が噂されています。特にいつも名前が挙がるのは、レアル・マドリードですが、ドイツ以外のリーグでも見てみたいですね。マンチェスターユナイテッドも獲得の噂があります。

スポンサーリンク