DAZN アジアカップ サッカー

トルクメニスタン戦(1/9)サッカー日本代表テレビ放送時間・スタメン予想・速報は?!アジアカップ1戦目の大事な戦い!

2018/12/12

2019年1月5日~2月1日の間にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるAFCアジアカップ2019

様々なドラマを生んできたアジアサッカーの頂点を決める4年に1度の大会です!

2015年のオーストラリアで開催されたアジアカップでは悔しい思いをした日本ですが(ベスト8)、AFCアジアカップ2019では優勝を目標に、森保監督がどんなサッカーを展開するのか注目が集まっています。

森保ジャパンにとっても、初のフル代表の国際大会です。結果を出すことも重要ですが、若手の飛躍の場とできるかも重要になってきます。

ジャパンズウェイを掲げている森保監督ですが、ロシアワールドカップで主力で戦ってきた選手だけでなく若手をどう融合していくのか、若手を積極的に起用して世代交代を進めるのか、どういった選手が起用され、どのような戦術で戦うのか、方向性を示すことができるのかなど注目ポイントも多い大会になります。

アジアカップ(2019)テレビ放送・日程と結果速報!出場国(FIFAランキング)/優勝候補や賞金は?森保ジャパンの活躍に期待!)

そんな重要な大会の初戦のトルクメニスタン戦の予想スタメンとテレビ放送日程についてまとめました。

スポンサーリンク

サッカー日本代表トルクメニスタン戦のテレビ放送時間

試合日: 2019年1月9日(水)
キックオフ: 15:00 (日本時間:20:00)
会場: アール・ナヒヤーン・スタジアム
放送予定: テレビ朝日
解説: 未定
実況: 未定

※情報は随時更新します。

トルクメニスタン代表情報

FIFAランク130位 (日本54位)   ※2018年10月時点

FIFAランクだけ見ると、格下の相手です。ワールドカップにはいまだ出場したことがありません。

が、旧ソ連の国なので、サッカー文化はある程度あるのかもしれません。

日本代表召集メンバー

GK
東口順昭(ガンバ大阪)
権田修一(サガン鳥栖)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
室屋成(FC東京)
三浦弦太(ガンバ大阪)
冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)

MF
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
遠藤航(シント・トロイデン/ベルギー)
伊東純也(柏レイソル)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
守田英正(川崎フロンターレ)
堂安律(フローニンゲン/オランダ)

FW
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)
北川航也(清水エスパルス)

GK は、驚きもなく、順当でした。

DFについては、長友が怪我から復帰し、ガラタサライでも試合に出場でき、召集できてよかったです。

プレミアリーグでディフェンダーとして活躍している麻也がリーダーです。最近の試合でも出場機会が増加傾向なので、日本代表にとってもいいことです。

両サイドバックのバックアッパーが誰になるのかが楽しみです。

MF もほぼほぼ順当ですが、守田が召集されました。川崎フロンターレでのパフォーマンスを見れば当たり前だと思う人も多いかもしれませんが、普段Jリーグを見ない人にとっては驚いたのではないでしょうか。
守田は、ボールも拾えるし、前線へのパス供給のタイミングもいいです。

中島、南野、堂安律は来年はヨーロッパの違うビッグクラブへ移籍していることも想定される、日本人選手の中で期待の星ですね。

FW は、小林が怪我で残念ですが、エースの大迫、浅野、今年ブレイクした北村が選ばれました。

香川、乾、岡崎は残念ながら召集外でした。

アジアカップで頂点に立てるように頑張ってほしいですね!

スポンサーリンク

ベネズエラ、キルギス戦召集メンバー

GK
東口順昭(ガンバ大阪)
権田修一(サガン鳥栖)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

DF
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
山中亮輔(横浜F・マリノス)
室屋成(FC東京)
三浦弦太(ガンバ大阪)
冨安健洋 (シントトロイデン/ベルギー)

MF
青山敏弘(サンフレッチェ広島) ⇒ 怪我で離脱
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
遠藤航(シントトロイデン/ベルギー)
伊東純也(柏レイソル)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
堂安律(フローニンゲン/オランダ)

FW
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
鈴木優磨(鹿島アントラーズ) ⇒ 怪我で離脱
北川航也(清水エスパルス)

追加召集

杉本健勇 (セレッソ大阪)
守田英正(フロンターレ川崎)

前線で言うと、
注目は、Jリーグで結果を残している鈴木優磨と前回途中で召集された北川が選ばれたことでしょう。(優磨は怪我で離脱)

また、マリノスの山中は、戦術理解度も高く、以前から評価の高い選手でした。

スポンサーリンク

パナマ、ウルグアイ戦召集メンバー

GK
東口順昭(ガンバ大阪)
権田修一(サガン鳥栖)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

DF
槙野智章(浦和レッズ)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
室屋成(FC東京)
三浦弦太(ガンバ大阪)
冨安健洋 (シントトロイデン/ベルギー)
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

MF
遠藤航(シントトロイデン/ベルギー)
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
伊東純也(柏レイソル)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
堂安律(フローニンゲン/オランダ)
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)

FW
小林悠(川崎フロンターレ) → 怪我により離脱
浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ) → 怪我により離脱
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

追加召集

川又堅碁(ジュビロ磐田)
北川航也(清水エスパルス)

GKはコスタリカ戦とメンバーは変わりませんでした。

DFでは、ワールドカップメンバーの長友、吉田麻也、酒井宏樹が復帰しました。
酒井宏樹、長友はチームでレギュラーとして活躍中です。

少し心配なのが、吉田麻也で、出場機会に恵まれていないので、コンディションに不安はあります。

MFでは、原口元気、柴崎岳が復帰。原口はクラブチームでは10番を任され徐々に出場機会も増加しています。
問題は、柴崎です。ワールドカップでは評価を一気に上げ、ヨーロッパの強豪への移籍も噂されていましたが、残留し、出場機会が激減しています。

FWには、ブレーメンでレギュラーとして活躍している大迫が代表復帰しました。
浅野は、今回も招集され森保監督からの評価も高いのでしょう。クラブチームでは徐々に出場機会が減り、プレシーズンで見せたプレーを取り戻す必要があります。

スポンサーリンク

コスタリカ戦召集メンバー

GK
東口順昭 (ガンバ大阪)
権田修一 (サガン鳥栖)
シュミット・ダニエル (ベガルタ仙台)

DF
槙野智章 (浦和レッズ)
佐々木翔 (サンフレッチェ広島)
車屋紳太郎 (川崎フロンターレ)
遠藤航 (シントトロイデン/ベルギー)
室屋成 (FC東京)
植田直通 (セルクル・ブルージュ/ベルギー)
三浦弦太 (ガンバ大阪)
冨安健洋 (シントトロイデン/ベルギー)

MF
青山敏弘 (サンフレッチェ広島)
山口蛍 (ガンバ大阪) ⇒ 怪我で離脱
大島僚太 (川崎フロンターレ) ⇒ 怪我で離脱
伊東純也 (柏レイソル)
中島翔哉 (ポルティモネンセ/ポルトガル)
南野拓実 (ザルツブルク/オーストリア)
三竿健斗 (鹿島アントラーズ)
伊藤達哉 (ハンブルガーSV/ドイツ)
堂安律 (フローニンゲン/オランダ)

FW
小林悠 (川崎フロンターレ)
杉本健勇 (セレッソ大阪)
浅野拓磨 (ハノーファー/ドイツ)

追加召集
MF
天野純 (横浜Fマリノス)
守田英正 (川崎フロンターレ)

ワールドカップメンバーからはガラッと変わりました。

ワールドカップ日本代表23名

ロシアワールドカップのメンバーを見てみましょう。

GK
1  川島永嗣(メス/フランス)
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 中村航輔(柏レイソル)

DF
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
20 槙野智章(浦和レッズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
3  昌子源(鹿島アントラーズ)
6  遠藤航(浦和レッズ)
2  植田直通(鹿島アントラーズ)

MF
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
4  本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
14 乾貴士(エイバル/スペイン)
10 香川真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
16 山口蛍(セレッソ大阪)
8  原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
11 宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
7  柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
18 大島僚太(川崎フロンターレ)

FW
9  岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)
15 大迫勇也(ケルン/ドイツ)
13 武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

長谷部、本田、酒井高徳は代表引退を表明しています。

スポンサーリンク

日本代表予想スタメン

GK:権田
DF:酒井宏樹 吉田 冨安 佐々木
MF:柴崎 青山 堂安 南野 中島
FW:大迫

ヨーロッパからメンバーを呼んだので、使わない手はないと思います。冨安はどうしても見たい選手ですので、期待をこめてスタメンを予想しました。

前線は、大迫堂安、南野、中島を見てみたいです。長友は怪我から復帰が難しいので、左サイドは佐々木(山中も見たいですが)と予想しました。

2019アジアカップ日本代表メンバー発表・予想!発表日はいつ?香川/乾/岡崎は落選するのか?ワールドカップメンバーとの比較も!

実際のスタメン・結果

GK:
DF:
MF:
FW:
発表され次第、更新します。

スポンサーリンク

アジアカップ(2019)テレビ放送・日程と結果速報!出場国(FIFAランキング)/優勝候補や賞金は?森保ジャパンの活躍に期待!

ウズベキスタン戦(1/17)サッカー日本代表テレビ放送時間・スタメン予想・速報は?!アジアカップ3戦目の大事な戦い!

オマーン戦(1/13)サッカー日本代表テレビ放送時間・スタメン予想・速報は?!アジアカップ2戦目の大事な戦い!

最後に

アジアカップで日本サッカーも盛り上がることを期待しています。

Jリーグも応援しよう!

DAZNならJリーグの試合を楽しめるので、アジアカップで気になった選手の活躍を違う舞台でもウォッチしましょう!

JリーグやCL無料視聴方法

無料で視聴する方法は、DAZNの無料期間を活用すればできます!

Jリーグの放映権は、DAZNが持っているので、今後CLを見ていく人は契約しておいてもいいかもしれません。

DAZNには1ヶ月間の無料期間があるので、その間に使い倒して、退会すれば、無料で視聴できます!

既に1度無料期間を使ってしまった人は、登録用のメールアドレスを変えて、以前とは違うカードを使えば、もう一度無料期間をお試しできます。

登録自体はすぐに終わるので5分もあれば、登録が完了し利用開始できます。

サッカーテレビ放送/DAZN・スカパーでヨーロッパリーグ(2018-19シーズン)を視聴!初月無料でまずはお試しで楽もう。

DAZN 視聴・登録方法

アカウント登録をして、カード登録を行うだけ!!

1アカウントで、最大6デバイス登録ができ、2デバイスで同時視聴ができますので、1つのアカウントを登録しておけばお得ですね。
最初の1ヶ月は無料で見ることができますので、使い倒して、ダメだったら退会しましょう。
無料期間中に退会することができるので、特定期間だけ無料で利用したい場合は、忘れずに退会しましょう。
※無料期間は、アカウント作成時に表示されるので、忘れずにメモしましょう!

↑ をクリックすると登録画面が現れます。

アカウント作成

    • 名前
    • パスワード
    • メールアドレス

を入力します。

DAZN for docomo の場合は、アカウント作成は必要ないです。
dアカウントのIDとパスワードがあれば登録可能です。

カード情報登録

もし、無料期間後も利用したさいに、支払うクレジットカードの情報を入力

これだけで完了です。後は好きに見るだけです。

DAZN視聴方法

DAZN でスポーツを視聴することは結構簡単です。

視聴可能な機器

  • テレビ
  • ゲーム機(PS3、PS4など)
  • スマホ

を使って、DAZNを利用することができます。

テレビ

インターネット回線は必要ですが、スマートテレビ、Apple TV、 Amazon Fire TV and Stick、Air Stick 4K、Chromecastを使うことでテレビでも視聴可能です。

ゲーム機

PlayStation4、PlayStation3、XBox One であれば、アプリを使って、DAZNを視聴することができます。

スマホ

DAZNアプリをダウンロードしておけば、スマホやタブレットを使って、移動中などでもスポーツ観戦をすることができます

2018-19シーズン テレビ放映権

DAZNスカパーJSPORTSWOWOWNHK BS1フジテレビNEXTTV5MONDE
ラ・リーガ
プレミアリーグ録画
ブンデスリーグ録画
セリエA
リーグアン
チャンピオンズリーグ(CL)
ヨーロッパリーグ(EL)
ポルトガルリーグ
ベルギーリーグ
エールディヴィジ
Jリーグ

サッカーテレビ放送/DAZN・スカパーでヨーロッパリーグ(2018-19シーズン)を視聴!初月無料でまずはお試しで楽もう。

-DAZN, アジアカップ, サッカー