サッカー ロシアワールドカップ

セネガル戦スタメン予想!フォーメーション・戦術や注目選手は?テレビ放送は日テレ!

2018/06/25

サッカー日本代表がロシアワールドカップの第2戦 (6/24) でセネガルと対戦します。

セネガルにはプレミアリーグのリバプールで活躍しているマネ選手やクリバリ、ディアオがいて、日本より格上のチームですが、ワールドカップ決勝トーナメント進出に大きく影響する戦いなので、できれば、勝ち点3がほしいところです。

第1戦(6/19)でコロンビアと対戦し、2-1 で見事勝利し、第3戦(6/28)でポーランドと対戦しますが、第2戦の結果次第では、決勝トーナメント進出が見えてくる大事な試合です。

この大事なワールドカップ第2戦のセネガル戦の予想されるスタメン、フォーメーション、戦術とテレビ放送日程を見ていきましょう。

スポンサーリンク

日本代表スタメン・フォーメーション予想

まずは、セネガルと、日本の予想スタメンとフォーメーションを見ていきます。

ワールドカップ日本代表23名

GK
1  川島永嗣(メス/フランス)
12 東口順昭(ガンバ大阪)
23 中村航輔(柏レイソル)

DF
5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
20 槙野智章(浦和レッズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
3  昌子源(鹿島アントラーズ)
6  遠藤航(浦和レッズ)
2  植田直通(鹿島アントラーズ)

MF
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
4  本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
14 乾貴士(エイバル/スペイン)
10 香川真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
16 山口蛍(セレッソ大阪)
8  原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
11 宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
7  柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
18 大島僚太(川崎フロンターレ)

FW
9  岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)
15 大迫勇也(ケルン/ドイツ)
13 武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

スポンサーリンク

サプライズもなく、予想がほとんど当たりました。選ばれた選手の活躍に期待しましょう!

 

日本代表予想スタメン・フォーメーション

セネガル戦の日本代表のスタメンを予想する前に、コロンビア戦の復習からしていきましょう。

コロンビア戦のスタメン

GK:川島
DF:酒井(宏) 吉田 昌子 長友
MF:長谷部 柴崎  原口  香川  乾
FW:大迫
前線からの守備がよかったので、セネガル戦もこのメンバーを中心にスタメンを固めてくると予想します。

スポンサーリンク

 

セネガル戦予想スタメン

セネガル戦の予想スタメンは、

GK:川島
DF:酒井(宏)  吉田 昌子 長友
MF:長谷部  柴崎  原口  香川  乾
FW:大迫

4−2−3−1でいくのではないかと予想します。

前線は、不動のレギュラーとなった大迫選手が有力(コロンビア戦での活躍は見事でした)ですが、パラグアイ戦の岡崎の前線からの守備を見てしまうと岡崎を選びたくなります。岡崎選手は怪我でコンディションが万全ではないので、大迫で決まり!

守備の時は4−4−2になって、前の二人、岡崎と香川で守備のスイッチを入れていて効果的でした。90分やり続けるのは難しいので、うまく交代枠を使いたいです。

トップ下は、香川のパフォーマンスの高さからすると、本田は今回も控えだと思います。守備でも貢献が高い香川が当確。

スポンサーリンク

攻撃的な両サイドは右に原口、左に乾。

乾は、ドリブルだけでなく、守備でも貢献できます。ポジショニングが宇佐美と比べると、数段上の印象です。コロンビア戦では、少し軽いドリブルもありましたが、後半になって疲れた場面でも、守備の時にスプリントをしていたので、代えられない選手です!

原口には運動量では負けないので、強敵セネガル相手でも、走りきってくれるはずです。

ボランチは、長谷部と柴崎。長谷部は絶対的なキャプテンなので外すことはないはずです。

大島選手はトラップで簡単に相手の逆を取れますし、ゲームメイクには定評がありますが、怪我から回復できるのか微妙です。柴崎選手のゲームメイクを今回も見てみたいですが、コロンビア戦で負傷した箇所が気になります。

ディフェンスは、センターバックに吉田、昌子の2選手を予想します。コロンビア戦では、両選手ともにパフォーマンスは良かったので、期待しています。

吉田麻也の実績は他の日本人にはないです。ディフェンスの真ん中の選手でヨーロッパで活躍できた最初の選手です。センターバックが槙野、昌子のどちらの選手がレギュラーになるのかは注目したいです。

左サイドバックは、長友、右サイドバックは酒井宏樹で予想します。酒井宏樹はコンディション次第だと思いますが、コロンビア戦のパフォーマンスは良かったです。

サブ予想のメンバーでは、本田、宇佐美、武藤をどう使うかは注目したいです。

本田選手はメキシコや南米選手独特の体の使い方(特にお尻の使い方)がわかっているので経験と、今回もプレスキックでの貢献を期待します。ヘディングも強いので、大迫が疲れたらワントップでの投入もありです。

宇佐美選手は、天才といわれ続けてきた選手ですが、ドイツでの挫折から立ち上がり、泥臭さも身につけ、上手くて強い選手に成長中です。

武藤選手は、屈強な相手でも1対1で負けないので、スタメンもあると思います。原口、乾の両サイドは、守備、攻撃時に走らなければいけないので、疲れたら交代したほうがいいです。そこに強度の高い武藤選手を投入するのもひとつの手です。

スポンサーリンク

セネガル代表スタメン・フォーメーション予想

まずは、セネガルと、日本の予想スタメンとフォーメーションを見ていきます。

ワールドカップ セネガル代表23名

GK
アブドゥライェ・ディアロ(レンヌ/フランス)
アルフレッド・ゴミス(SPAL/イタリア)
カディム・エンディアイェ(ホロヤAC/ギニア)

DF
ラミーヌ・ガサマ(アランヤスポル/トルコ)
サリウ・シス(ヴァランシエンヌ/フランス)
カリドゥ・クリバリ(ナポリ/イタリア)
カラ・ムボジ(アンデルレヒト/ベルギー)
ユスフ・サバリ(ボルドー/フランス)
サリフ・サネ(ハノーファー/ドイツ)
ムサ・ワゲ(オイペン/ベルギー)

MF
イドリッサ・ゲイェ(エヴァートン/イングランド)
シェイフ・クヤテ(ウェストハム/イングランド)
アルフレッド・エンディアイェ(ウォルヴァーハンプトン/イングランド)
バドゥ・エンディアイェ(ストーク/イングランド)
シェイク・エンドイェ(バーミンガム/イングランド)
イスマイラ・サール(レンヌ/フランス)

FW
ケイタ・バルデ・ディアオ(モナコ/フランス)
マメ・ビラム・ディウフ(ストーク/イングランド)
ムサ・コナテ(アミアン/フランス)
サディオ・マネ(リヴァプール/イングランド)
エムバイェ・ニアン(トリノ/イタリア)
ディアフラ・サコ(レンヌ/フランス)
ムサ・ソウ(ブルサスポル/トルコ)

スポンサーリンク

 

フランス領だったこともあって公用語がフランス語なので、フランスリーグで活躍している選手も多く、ほかにもヨーロッパリーグで活躍しているメンバーがそろっています。

セネガルといえば、2002年のワールドカップで活躍したディウフ(リバプールでも活躍)が印象的でしたが、今はマネニアンクリバリなどが台頭し、これからも成長していきそうなチームです。

DFには、2017-18シーズンのナポリの躍進を支えたクリバリがいて鉄壁を誇ります。身長が195cm で体重も90キロもある強靭な体を持っているので、フィジカルコンタクトやヘディングも強く、スピードもあり、理想的なセンターバックだといえます。普通に戦っても勝てないので、日本代表のアタッカー陣は工夫が必要です。

守備的MFには、エバートンで安定的なパフォーマンスを示しているイドリッサ・ゲイェがいます、タックルが上手い選手です。

FWには、リバプールでさらに成長したマネがいて、スピードに乗ったドリブルをとめることは難しいでしょう。

ニアンは、ACミラン時代に本田と同僚だったので、名前は聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?未完の大器ですが、ワールドカップをきっかけに成長するかもしれません。モナコのディアオも絶賛成長中で、バルセロナのユース出身で要注意選手です。

スポンサーリンク

セネガル代表予想スタメン・フォーメーション

ポーランド戦の復習からしていきましょう。

ポーランド戦のスタメン

GK:エンディアイエ
DF:ワゲ クリバリ サネ サバリ
MF:ゲイェ エンディアイエ  サール  マネ
FW:ディウフ ニアン
4-4-2 でポーランドと戦い、2-1で勝利しました。
アフリカ特有の対人の強さ、前へいく速さと強さが特長でした。身体能力だけでなく、オーガナイズされた守備、攻撃を見せました。
日本にとって手強い相手であることは間違いありません。

 

セネガル代表予想スタメン

GK:エンディアイエ
DF:ワゲ クリバリ サネ サバリ
MF:ゲイェ エンディアイエ  サール  マネ
FW:ディウフ ニアン

4-4-2 のポーランド戦と同じフォーメーションだと予想されます。アフリカ予選では、3バックや、4-1-4-1 も試しているので、変則的にくると思われます。

クリバリだけでなく、DFの選手は強さも速さもあり手ごわいです。

マネのスピードは迫力があり、やはり要注意選手です。

ニアンは技術力と強さを武器にポーランドのDF陣を圧倒していました。ただし、シュートが上手いという印象はないので、粘り強く守れれば、日本に勝機がまわってくるはずです。

サールも早いので、長友選手がどこまで抑えられるかが大事です。

全体的に、ボールへの寄せは速く、前を向いたときの推進力は破壊力がありますので、日本はボールの取られ方だけは注意してほしいです。

スポンサーリンク

予想される戦術

セネガルのシセ監督も日本の西野監督も策略家なので、戦術をみて楽しむのもいいと思います!

セネガルの戦術

ボールを保持して攻撃するのではなく、いい位置でボールを取って、早い攻撃を仕掛けてくると思われます。

日本の最終ラインに高いボールを送って、競り勝って、ボールを危険な位置に持っていき、ゴールを狙ってくるはずです。

そこで狙われるのが、背の低い長友選手の左サイドです。ヘディングでは勝てないかもしれないので、飛ばせないように体をぶつけたり、ヘディングの後のボールを狙うなど工夫が必要です。

コロンビアと同じように、香川へのマークは厳しくすると予想されます。また、日本の攻撃のスイッチを入れてゲームメイクをしていた柴崎へも厳しく寄せてくるることが予想されます。大迫、香川に縦パスを簡単にいれられないようにして、2人へのパスをカットしカウンターを狙ってくるはずです。

日本の戦術

日本は、コロンビア戦と同じように、全選手が走りきるのは当たり前にやらなければ、いけません。

香川、柴崎へのマークが厳しくなることが予想されるので、どれだけ長谷部や、DFの選手が有効なパスを前線に通せるかが攻撃の鍵になります。

おそらく、日本のストラングポイントである、香川、乾の左サイドからの攻撃を防ぐためにセネガルは、日本のボールの置き所を右サイドに限定してくるのではないでしょうか。その時は、原口、酒井宏樹の活躍が必須になります。

セネガルは対人は強く、寄せも速いのですが、その分、ボールに寄る傾向があったので、DFとボランチのところにスペースがあきます。香川、大迫につられて出てきたDFがあけたスペースに、原口や乾が侵入して攻撃できれば、得点チャンスがうまれるはずです。

守りでは、速くて強いカウンターを防ぐために、ボールの取られ方に注意しながら攻撃することが重要です。

パラグアイ、コロンビア戦でみせたように、ボールを奪われたら、早めに潰すか、プレッシャーをすぐにかけることが大事です。ボランチとCBの選手はカードをもらってでもとめなければいけない場面が数回はくることが予想されます。

どうにか勝利をもぎ取ってほしいです!

スポンサーリンク

実際のスタメン

スタメン発表後、更新します。

日本代表

GK:川島
DF:酒井(宏)  吉田 昌子 長友
MF:長谷部  柴崎  原口  香川  乾
FW:大迫

スポンサーリンク

日本代表は、コロンビア戦と同じスタメンです。

セネガル代表

GK:エンディアイエ
DF:ワゲ クリバリ サバリ
MF:ゲイェ サネ エンディアイエ エンディアイエ(パパ)
FW:マネ サール ニアン

ポーランド戦の4-4-2から、3-4-3 に変更してきました。

結果は、2-2の同点でした。勝てた試合だったと思いますが、勝ち点1を獲得しました。

サッカー日本代表セネガル戦のテレビ放送時間

試合日: 6月24日(日)
キックオフ: 24:00 (現地時間15:00)
会場: エカテリンブルク・アリーナ (エカテリンブルク)
放送予定: 日本テレビ 23時40分~26時10分
解説: 都並敏史、城彰二、北澤豪(スタジオ)
実況: 田辺研一郎
メインキャスター: 手越祐也

翌日が仕事の人も多いかもしれませんが、日曜日の夜なので、家で見る人も多いのではないでしょうか。大学生だとサッカーの試合後はクラブに行って盛り上がる人もいるのではないでしょうか。

お子さんが小さくても、この日ばかりは、夜更かしOKなご家庭もあるかもしれませんね。

現地解説は、都並敏史、城彰二の日テレではお馴染みの解説。スタジオには、北澤さんがいて解説を担当されます。 色々騒がれたNEWSの手越祐也さんがメインキャスターを勤めます。

ワールドカップ対戦相手の選手紹介

ワールドカップで対戦する相手国の選手を紹介します。

セネガル

マネ(セネガル)プレースタイル・プレー動画

ポーランド

レヴァンドフスキ(ポーランド)プレースタイル・プレー動画

コロンビア

ファルカオ(コロンビア)プレースタイル・プレー動画

 

ハメス・ロドリゲス(コロンビア)プレースタイル・プレー動画・プロフィール!

ダビンソン・サンチェス(コロンビア)プレースタイル・ハイライト動画・プロフィール!

スポンサーリンク

その他のワールドカップの試合情報

他の試合についても見てみてください

コロンビア戦(6/19)サッカー日本代表スタメン予想・テレビ放送時間は?!ワールドカップ第1戦の結果が決勝トーナメント進出の鍵!

ポーランド戦(6/28)サッカー日本代表スタメン予想・テレビ放送時間は?!ワールドカップ第3戦決勝トーナメント進出をかけた試合になる!

ワールドカップ関連

ワールドカップ強豪国関連

サッカードイツ代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカーブラジル代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカースペイン代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカーアルゼンチン代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカーベルギー代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカーイングランド代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?

スポンサーリンク

ワールドカップ 得点王・MVP

 

最後に

2018年ワールドカップの第2戦であるセネガル戦で決勝トーナメント進出に一歩でも近づいてほしいです。

 

-サッカー, ロシアワールドカップ