サッカー ロシアワールドカップ

ブラジル・ベルギー戦テレビ放送時間やスタメン予想は?ロシアワールドカップ決勝トーナメント第2戦ベスト4をかけた試合!

2018/07/07

FIFAロシアワールドカップ2018では、グループリーグも終わり、決勝トーナメントで強豪国同士が戦うサッカーファンであれば見逃せない試合が多くなってきました。7/6 にベスト4をかけてブラジル代表とベルギーが対戦することが決まりました。

優勝候補にも名前が挙がる両者なので、各代表を構成するメンバーが豪華です。ブラジルは、ネイマール、マルセロ、ジェズス、コウチーニョ、ベルギーには、アザール、デ・ブライネ、ルカク、コンパニなど世界的にも評価の高いメンバーが多く、優勝を占う試合といっても過言ではありません。

ブラジル・ベルギー代表のベスト4をかけた試合のテレビ放送日程(日本時間)、予想されるスタメンについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ブラジル代表情報

FIFAランク2位(日本は61位)

サッカー王国、ブラジルは、ワールドカップで咲いた5回の優勝をしています。出場回数も20回となり、南米だけでなく世界のサッカーを引っ張ってきたといっても過言ではありません。

ブラジル代表メンバーと予想スタメン・フォーメーションを見ていきます。

GK
アリソン(ローマ/イタリア)
エデルソン(マンチェスター・C/イングランド)
カッシオ(コリンチャンス)

DF
ダニーロ(マンチェスター・C/イングランド)
ファグネル(コリンチャンス)
マルセロ(レアル・マドリード/スペイン)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード/スペイン)
チアゴ・シウヴァ(パリ・サンジェルマン/フランス)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
ミランダ(インテル/イタリア)
ペドロ・ジェロメウ(グレミオ)

MF
カゼミーロ(レアル・マドリード/スペイン)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C/イングランド)
パウリーニョ(バルセロナ/スペイン)
フレッジ(シャフタール/ウクライナ)
レナト・アウグスト(北京国安/中国)
フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)
ウィリアン(チェルシー/イングランド)

FW
ドウグラス・コスタ(ユヴェントス/イタリア)
ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)
タイソン(シャフタール/ウクライナ)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C/イングランド)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/イングランド)

スポンサーリンク

メンバーだけ見ると、2つのチームに分けてワールドカップを戦っても、ベスト8はいけそうな豪華なメンツです。

GKはマンCのエデルソンが、グアルディオラのもとで成長中です。

DFでも、PSGのコンビのチアゴ・シウヴァ、マルキーニョスがいます。マルセロもレアルで健在。

MFは、レアルのカゼミーロやチェルシーで調子の良かったウィリアン、バルサに移籍したコウチーニョと豪華です。

もっとも豪華なのが、FWで、ネイマール、ジェズスがいますし、リバプールでより飛躍したフィルミーノがいます。

1人ぐらい日本代表にほしいぐらいですね。

ブラジル代表予想スタメン・フォーメーション

4-2-3-1 が基本フォーメーションで、力強いカウンターと、ネイマール、マルセロの左サイドからの攻撃が武器です。

サッカーを知っている選手が多く、シチュエーションに応じて、様々なサッカーを繰り広げることができます。個人技だけでなく、コンビネーションも高く、いくつものパターンがあるので、とめるのが難しいです。

グループリーグのスタメンからみていきましょう。

スイス戦のスタメン

GK:アリソン
DF:ダニーロ チアゴ・シウヴァ ミランダ マルセロ
MF:パウリーニョ カゼミーロ コウチーニョ
FW:ウィリアン ジェズス ネイマール
結果は、1-1の引き分け。硬さの残るゲームでした。

 

コスタリカ戦のスタメン

GK:アリソン
DF:ファグネル チアゴ・シウヴァ ミランダ マルセロ
MF:パウリーニョ カゼミーロ コウチーニョ
FW:ウィリアン ジェズス ネイマール

結果は、2-0 で勝利しました。スコア以上に差を感じてしまう試合でした。もっと得点が入ってもおかしくなかったように思います。

セルビア戦のスタメン

GK:アリソン
DF:ファグネル チアゴ・シウヴァ ミランダ マルセロ
MF:パウリーニョ カゼミーロ コウチーニョ
FW:ウィリアン ジェズス ネイマール

結果は、2-0 で勝利。

メキシコ戦のスタメン

GK:アリソン
DF:ファグネル チアゴ・シウヴァ ミランダ マルセロ
MF:パウリーニョ カゼミーロ コウチーニョ
FW:ウィリアン ジェズス ネイマール
結果は、2-0で勝利
マルセロが怪我で、フェルペルイスを左サイドバックに起用。

ブラジル代表予想スタメン

GK:アリソン
DF:ファグネル チアゴ・シウヴァ ミランダ マルセロ
MF:パウリーニョ フェルナンジーニョ コウチーニョ
FW:ウィリアン ジェズス ネイマール

ワールドカップ初戦と同じ3-4-2-1 のフォーメーションを予想します。ネイマールのサイドは上がりめです。

スポンサーリンク

ベルギー代表情報

FIFAランク3位(日本は61位)

昔過ぎて、あまり参考にはなりませんが、サッカーベルギー代表のワールドカップ最高成績は4位(1930)です。黄金世代が育つ前は、ワールドカップではグループリーグを勝ち上がるのが難しいぐらいの強さでした。

育成年代に力を入れてきて、力強いカウンターサッカーを若いうちから身につけている選手が増えてきています。

話す言葉も、様々で、オランダ語、フランス語、ドイツ語を話す選手がいます。育成年代でともに過ごしている選手が多く、コンビネーションがものすごくいいイメージがあります。

ここ数年で、世界のトップ中のトップになれる選手(アザール、デ・ブライネ)が急増しています。そういった選手が円熟し、優勝を狙えるチームへ進化しました。

ベルギー代表メンバーと予想スタメン・フォーメーションを見ていきます。

ベルギー代表23名

GK
コーエン・カステールス(ヴォルフスブルク)
ティボー・クルトゥワ(チェルシー)
シモン・ミニョレ(リヴァプール)

DF
トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)
デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド)
ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・C/イングランド)
レアンデル・デンドンケル(アンデルレヒト)
トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)
トーマス・ヴェルマーレン(バルセロナ/スペイン)
ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド)

MF
ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/イングランド)
ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)
ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス)
マルアン・フェライニ(マンチェスター・U/イングランド)
アドナン・ヤヌザイ(レアル・ソシエダ/スペイン)
ヤニック・フェレイラ・カラスコ(大連一方/中国)
アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)
ナセル・シャドリ(ウェスト・ブロムウィッチ/イングランド)

FW
ミヒー・バチュアイ(ドルトムント)
エデン・アザール(チェルシー)
トルガン・アザール(ボルシアMG)
ロメル・ルカク(マンチェスター・U)
ドリース・メルテンス(ナポリ)

メンバーだけ見ると、2つのチームに分けてワールドカップを戦っても、ベスト8はいけそうな豪華なメンツです。

GKはチェルシーの守護神でもあるクルトゥワがいて鉄壁を誇ります。

DFでも、トッテナムで存在感を増しているアルデルヴァイレルトヴェルトンゲンがいて、マンCで年々高いパフォーマンスを残しているコンパニも健在です。プレミアリーグで評価の高い選手が集まっています。

MFには、マンCでMVP級の活躍をしたデ・ブライネが君臨しています。フェライニはクラブチームではいつもそこそこの評価ですが、安定して召集されています。とにかくヘディングが強いですし、ポジションも真ん中であればどこでもできるので、使い勝手がいい選手です。

ヤヌザイは、香川のチームメイトでしたが、今はスペインで輝きを取り戻しつつあります。

スポンサーリンク

気がかりなのは、ローマのナインゴランが召集されなかったことです。監督との不仲が噂されていましたが、残念でした。ナインゴランは中盤の運動量や決定的な仕事ができる選手で、喫煙者(公表している)の中で一番走れる選手かもしれません。ナインゴランは日本代表にほしいぐらいです。

もっとも豪華なのが、FWでアザール兄弟(エデン、トルガン)、マンUのルカク、ナポリのメルテンスと、一流のドリブラーや、ゴール前で力を発揮する選手がそろっています。バチュアイはドルトムントで成長しました。移籍して正解でした。上手い選手、フィジカルが強い選手(ルカク)と特徴が違う選手がいて面白いです。

なかでも、チェルシーのアザールが、ロシアワールドカップの主役になる可能性があるので、注目していきたいです。

アザール、デ・ブライネとメッシとロナウドがいなければFIFA最優秀選手をとれそうな選手が二人もいるベルギーがどこまで本当の実力を出せるのか楽しみですね。

ベルギー代表予想スタメン・フォーメーション

3-4-2-1 が基本フォーメーションで、力強いカウンターが武器です。

育成年代から一緒にプレーしていた選手が多く、コンビネーションが高く、いくつものパターンがあるので、とめるのが難しいです。

アルデルヴァイレルトなど後ろの選手から精度の高いボールが前線に入るので、対戦国は簡単にけら差内容に前からのプレッシャーが大事になります。

グループリーグのスタメンからみていきましょう。

パナマ戦のスタメン

GK:クルトゥワ
DF:アルデルヴァイレルト ボヤタ ヴェルトンゲン
MF:ムニエ デ・ブライネ ヴィツェル カラスコ
FW:メルテンス ルカク アザール
結果は、3-0で勝利しました、格の違いを見せ付けました。

 

チュニジア戦のスタメン

GK:クルトゥワ
DF:アルデルヴァイレルト ボヤタ ヴェルトンゲン
MF:ムニエ デ・ブライネ ヴィツェル カラスコ
FW:メルテンス ルカク アザール

結果は、5-2 で勝利しました。スコア以上に差を感じてしまう試合でした。もっと得点が入ってもおかしくなかったように感じました。

イングランド戦のスタメン

GK:クルトゥワ
DF:アルデルヴァイレルト ボヤタ ヴェルトンゲン
MF:ムニエ デ・ブライネ ヴィツェル カラスコ
FW:メルテンス ルカク アザール

 

日本戦のスタメン

GK:クルトゥワ
DF:アルデルヴァイレルト コンパニ ヴェルトンゲン
MF:ムニエ デ・ブライネ ヴィツェル カラスコ
FW:メルテンス ルカク アザール
結果は3-2で勝利。

ベルギー代表予想スタメン

GK:クルトゥワ
DF:アルデルヴァイレルト コンパニ ヴェルトンゲン
MF:ムニエ デ・ブライネ ヴィツェル シャドリ
FW:メルテンス ルカク アザール

ワールドカップ初戦と同じ3-4-2-1 のフォーメーションを予想します。

強力なカウンターを見せることができるのか注目しましょう。

スポンサーリンク

実際のスタメン・結果

試合結果は、2-1でベルギーの勝利。

ブラジル代表

GK:アリソン
DF:ファグネル チアゴ・シウヴァ ミランダ マルセロ
MF:パウリーニョ フェルナンジーニョ コウチーニョ
FW:ウィリアン ジェズス ネイマール

ベルギー代表

GK:クルトゥワ
DF:アルデルヴァイレルト コンパニ ヴェルトンゲン
MF:ムニエ デ・ブライネ ヴィツェル シャドリ
FW:フェライニ ルカク アザール

スポンサーリンク

サッカー日本代表ベルギー戦のテレビ放送時間

試合日: 7月6日(金)
キックオフ: 27:00 (現地時間21:00)
会場: カザン・アリーナ (カザン)
放送予定: TBS
現地解説: 福田正博、戸田和幸?
スタジオ: ラモス瑠偉、前園真聖、中田浩二、鈴木啓太?
メインキャスター: 加藤浩次
スペシャルサポーター: 竹内涼真
副音声: 加藤浩次、竹内涼真、ラモス瑠偉?
ゲスト: ヒデ(ペナルティ)?

 

27時(朝3時)キックオフなので、早めに仮眠を取って観戦するか、翌日を犠牲にしてでも見るかになります。

パブリックビューイングで観戦すると皆と盛り上がれるのでオススメですが、翌日は仕事のが休みの方が多いはずなので、間違いなく盛り上がるでしょう。

それでも、録画で見ると、朝スマホを観た瞬間にスコアがわかるので、生放送で見たいですね。

ワールドカップ強豪国関連

サッカードイツ代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカーブラジル代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカースペイン代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカーアルゼンチン代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカーベルギー代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカーイングランド代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?
サッカークロアチア代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/対戦国・テレビ中継日程は(日本時間)?ユニフォームもかっこいい!
サッカーコロンビア代表メンバー(ロシアワールドカップ2018)/テレビ中継日程は(日本時間)・注目選手は?

スポンサーリンク

ワールドカップ 得点王・MVP

 

最後に

2018年ワールドカップでベスト4をかけた試合なので、内容も結果も楽しいものになることを期待しています。

-サッカー, ロシアワールドカップ