サッカー

ベルギー戦(11/15)サッカー日本代表スタメン予想・放送時間は?!欧州遠征でブラジルとも対戦!解説は松木・中山/ワールドカップでも実際に対戦する可能性があるチーム?!

2018/07/02

ロシアワールドカップはコチラ

ベルギー戦(7/2)サッカー日本代表テレビ放送時間/スタメン予想は?!ワールドカップ決勝トーナメント第1戦ベスト8をかけた試合!

2018年のワールドカップに向けてサッカー日本代表が欧州遠征で、ヨーロッパの中でも有数のタレント集団であるベルギーと対戦します。

今回の欧州遠征では本田、香川、岡崎といういままで日本代表の中心選手として活躍してきた選手を招集しなかったので、話題になりました。、森岡、興梠、長澤というベルギーリーグやJリーグで活躍している選手が招集され、ハリルホジッチ監督が積極的に新しい選手を試そうとしていることがわかります。※新しく呼ばれた選手はここで結果を残さないと本戦は厳しいです。

ワールドカップまで1年をきっているなかで、ベルギーという強豪チームと対戦し、現在の戦力を測ることができるのはいいことだと思います。代表に選ばれた選手は、ここで結果を残せば、ワールドカップのスタメンが近づくはずなので、結果も内容も求めてほしいです。

今回はベルギー戦の放送時間、予想スタメン、注目選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

サッカー日本代表ベルギー戦の放送時間

日程:2017年11月15日(水)
会場:ヤン・ブレイデルスタディオン (ベルギーのブルージュ)
キックオフ:4:45 (現地時間 20:45)

テレビ朝日系で生放送されます。
放送時間は、4時30分からです。 ※キックオフは4時45分です。

朝4時台のキックオフなので、会社や学校に行く前に観ることのできる人も多いのではないでしょうか。録画の人が多そうですが、朝にスマホを見ると、結果が出てしまっていることがあるので注意しましょう。

アザール、デブライネを抑えたり、クルトワからゴールする日本代表を生放送で見てみたいので、私は生放送で、テレビ観戦します。

解説はブラジル戦と同じく松木安太郎さんと中山雅史さんの熱血コンビです。
松木さんはいつもの熱い解説?!中山さんも熱い男ですが、現役時代は気持ちだけでなく、動き方を細部にわたって研究していたという勤勉な選手だったと評価されています。このお二人の解説が今回も楽しみです。

日本代表召集メンバー

2017年の欧州遠征で召集された日本代表のメンバーです。

GK

川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)

DF

酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
三浦弦太(ガンバ大阪)
昌子源(鹿島アントラーズ)
槙野智章(浦和レッズ)

MF

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
井手口陽介(ガンバ大阪)
遠藤航(浦和レッズ)
倉田秋(ガンバ大阪)
長澤和輝(浦和レッズ)
森岡亮太(ワースラント・ヴェフェレン/ベルギー)

FW

久保裕也(ヘント/ベルギー)
浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
杉本健勇(セレッソ大阪)
興梠慎三(浦和レッズ)

スポンサーリンク

GK、DF は、大体いつものメンバーといったところでしょうか。

長友選手は、インテルで放出候補にあがっていましたが、今ではスタメンに定着し、インテルの快進撃を支えています。

酒井宏樹選手は、所属クラブでも評価されています。高徳選手は、シーズンはじめの不調から見事に立ち直ったようです。

センターバックでは、普段Jリーグで活躍している昌子選手が、1対1でどれぐらい通用するのか見てみたいです。

吉田麻也選手は、プレミアリーグでの評価も高く、一部サッカー雑誌で、リバプールが獲得するべき選手として取り上げられていました。

MFでは、森岡選手長澤選手がサプライズ選出でした。
ベルギーでの開催なので森岡選手には是非出場してほしいです。ヴィッセル神戸からポーランドへ渡り、今シーズンからベルギー1部で活躍しています。ベルギーでは、ゴールもアシストも多く、ベルギー国内でも話題の選手となっています。

長澤選手は、最近のJリーグでの活躍が認められました。ドイツ2部でもプレー経験があり、期待できそうですね。重心の低いドリブルが特徴です。

FWには、Jリーグで調子のいい興梠選手や杉本選手が選ばれました。Jリーグで結果を出している選手を起用するところも見てみたい人も多いのではないでしょうか。

大迫選手のコンディション(ケルン自体の調子が悪い)が上がっていなかったのが心配でしたが、ELで2ゴールと結果を残し、欧州遠征でもゴールを決めてほしいです。

選手のドリブルは見ていてわくわくします、強豪相手でもドリブルで日本サポーターを魅了してほしいです。

ベルギー代表召集メンバー

GK

ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)
シモン・ミニョレ(リヴァプール/イングランド)
マッツ・セルス(アンデルレヒト)
コーエン・カスティールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)

DF

リーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト)
ローラン・シマン(モントリオール・インパクト/カナダ)
デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド)
ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド)
トーマス・ヴェルメーレン(バルセロナ/スペイン)
トマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジョルダン・ルカク(ラツィオ/イタリア)
クリスティアン・カバセレ(ワトフォード/イングランド)

MF

アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)
ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス)
スティーブン・デフール(バーンリー/イングランド)
ナセル・シャドリ(WBA/イングランド)
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ラジャ・ナインゴラン(ローマ/イタリア)
アドナン・ヤヌザイ(レアル・ソシエダ/スペイン)
ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)

FW

エデン・アザール(チェルシー/イングランド)
ミッチー・バチュアイ(チェルシー/イングランド)
ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ケビン・ミララス(エバートン/イングランド)
ドリース・メルテンス(ナポリ/イタリア)
ディヴォク・オリジ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
ローレン・ドゥポワトル(ハダースフィールド/イングランド)
トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ)

デ・ブライネエデン・アザールなどプレミアリーグのマンCチェルシーでエースとして活躍している選手を見ることができます。

この面子を見ると、日本代表が勝てる姿があまり想像できませんが、対戦成績は、日本の2勝2分です。勝ち越していて、負けがないことにびっくりします。ベルギーは育成に力を入れて急激に伸びた国で、今の代表選手がその育成の賜物ということです。

スポンサーリンク

注目選手

2017年11月15日に行われる試合での注目選手をあげてみます。

日本代表注目選手

森岡、乾、杉本です。

森岡選手は、ベルギーでの活躍をそのまま代表でも発揮してほしいです。海外に出て急成長した選手の1人です。ボールもちゃんと収まるし、両足で精度の高いキックも蹴れ、技術の高い選手といえます。ベルギーで行われる試合なので、是非活躍してほしいです。

乾選手には精度の高いドリブルとクロスからチャンスを演出してほしいです。

杉本選手は、Jリーグで高いポテンシャルを見せてくれていますが、屈強なヨーロッパのDFにどれぐらい通用するのか見てみたいです。

攻撃も守備も世界でもトップクラスの選手たちが相手でも通じるのかを確認してほしいです。

ベルギー代表注目選手

注目選手として、エデン・アザール、デ・ブライネ選手は外せません。メッシ、ロナウドは別次元だとして、そこに迫る選手がこの2人で、同じ国の代表選手です。羨ましいですね。

他にも、マンUで活躍中のルカク選手や、マンUで香川選手のライバルだったヤヌザイ選手もいます。

こうやってみると、チェルシーにゆかりのある選手が多いです。バチュアイ、アザールチェルシーですし、ルカク、デブライネ元チェルシーの選手です。

ベルギー代表で一押しは、トッテナムデンベレ選手です。ただただ強いです。プレミアリーグでも強さが際立っていて、少し球離れが遅いですが、テクニックもありボールタッチも柔らかい選手です。

ここに挙げた選手が出場していれば、ベルギーが本気で戦ってくれたと言えると思います。

 

日本代表予想スタメン

GK:川島
DF:酒井(宏) 吉田 昌子 長友
MF:長谷部 井手口 森岡
FW:久保 杉本 乾

※ブラジル戦の後に、更新します。

キーパーは今年はクラブでも活躍している川島選手。ディフェンスラインは、最近では固定されているように見える4人。酒井宏樹選手はアザールを止めてほしいです。センターバックはルカクをどこまで抑えることができるでしょうか。

中盤は、守備的な選手を選びそうですが、せっかくなので森岡選手をスタメンで出してほしいです。現実的なハリルホジッチ監督は、守備重視で、長谷部、井手口、山口でしょうか。

センターFWは杉本選手をスタートから見たいという予想というより希望でスタメン予想してみました。久保選手には得点を、乾選手はドリブルからのチャンスメイクを期待しています。

守備重視で、まさかの5バックではないことを祈ります。

実際のスタメン

GK:川島
DF:酒井(宏) 吉田 槙野 長友
MF:山口 井手口 長澤
FW:浅野 大迫 原口

結構外してしまいました。森岡選手はもっと使ってほしかったです。

結果は0-1 で敗戦しました。結局ルカクにやられてしまいました。ブラジル戦よりは戦えている感じがしました。ワールドカップでは予選リーグで、ブラジル、ベルギークラスのチームと戦わなければいけないので、正直このままでは厳しい感じがしてしまいました。。決勝トーナメントまで行ってほしいので、ここからさらに進化することを期待しています!

最後に

ベルギーは今では強豪国ですが、日本代表の戦績はいいので、今回も期待してしまいます。世界の強豪相手でもリスペクトし過ぎずに、ガンガン攻めて守って勝ってほしいです。相手が強いほうが、ハリルのサッカーには合うような気がしますので、結果も期待してしまいます。

-サッカー