日記 育児

腎盂炎になった

2017/03/29

産後、2週間ぐらいした時に腎盂炎になり、深夜救急でみてもらうことがありました。
そもそも、病院でお医者さんに言われるまで腎盂炎って言う言葉なんて知らなかったのですが…
当時、いきなり寒く感じ、腰も痛くなったのですが大丈夫だろうと思いほっといたら、深夜になって本当にしんどくなり、体温を測ってみたところ、39度を超える熱があり、夫に半強制的に病院に連れて行かれました。

結果、腎盂炎と診断され、抗生剤を処方してもらい、すぐに直りました。
実は、夫には病院いく?とか、抗生剤飲んだほうがいいんじゃない?とかいわれていたのですが、飲授乳のことを考えて、「薬は飲みたくない!」とか考えていたせいで、病院にいくのが遅れてしまいました。(症状が悪化したのが深夜だったしなー)

今思えば、早く行けばよかった。

スポンサーリンク

腎盂炎とは

腎盂腎炎が正式名称。腎盂とは腎臓から尿が集まるところで、腎臓と尿管を接続する部分です。
その腎盂に何らかの細菌が膀胱から尿管へあがって、炎症を起こすと腎盂腎炎になります。
症状としては、突然の寒気、高熱など。

慢性化することもあるそうなので、早めの対処が必要です。

原因

産後は、やはり抵抗力も弱くなっていますので、膀胱の粘膜や腎臓が感染しやすくなっています。
通常であれば感染しない菌が尿道を伝わって腎盂に到達し、腎盂腎炎になるそうです。

対策

抗生物質を処方してもらい、服用する。
症状が重いと点滴治療を行う場合もあるそうです。

私は、処方された抗生物質を飲みきり、薬を飲んでから数時間で回復しました。(何で早く病院にいかなかったんだろうと後悔しました)

スポンサーリンク