エンタメ 政治・経済・その他ニュース

カルロスゴーンの年収は20億以上?!金商法違反で逮捕?内部告発で発覚

2018/11/20

2018年11月19日、日本の自動車メーカーである日産の会長カルロス・ゴーンが金融商品取引法違反の疑いで逮捕されるようです。

所得を過小申告していたようで、内部告発により発覚したと思われます。逮捕される理由と、原因が内部告発なので、信用度が下がってしまうかも。。。。

組織としての不正も疑われていますので、ルノーや日産がどうなるのかも注目されています。

スポンサーリンク

年収

日産の役員報酬は年間10億円を超え、フランス・ルノーからも8億円を超える報酬をもらっているので、20億円ぐらいはあると見て間違いないですね!

トヨタのCEOは、3億5000万円ほどなので、高年収であることがわかります。
※外国の車メーカーのCEOは、30億円ぐらいもらうのが普通なので、意外と高くないかも…

過小申告せずとも高額な額をもらっていたのに、私たちにはわからない世界ですね。。

日産株は一時的に下がるかもしれませんね。株主の中には、怒り?を感じている人も多いことでしょう。
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=7201.T

一時940円の年初来安値(前日終値1006円)をつけましたが、若干反発しています。

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日:1954年3月9日
出身:ポルト・ヴェーリョ(ブラジル)
国籍:レバノン、ブラジル、フランス

日本在住で、フランスのルノーの取締役会長、日産自動車の会長、三菱自動車工業の会長というとんでもない肩書きです。

レバノンには大豪邸があるらしいです。

経歴

1978年 ミシュラン入社
1985年 ブラジル・ミシュランの社長就任
1989年 ミシュランの北米子会社のCEOに就任
1990年 北米ミシュランの会長、社長、CEOに就任
1996年 ルノー入社
Executive Vice President 就任
1999年 日産自動車 COO(最高執行責任者)就任
2000年 日産自動車社長就任
2001年 日産自動車社長兼CEO就任

今回の事件で、輝かしい経歴に傷がついてしまうかもしれません。

日産の社長になった際には、日本人にはできなかった大型のリストラを実施し、経営を立てた押し、実行力と結果で周りを納得させてきました。

大刷新をするので、敵を作りやすかったのかもしれません。

以前から内部告発の噂は挙がっていましたので、警察も確固たる証拠を揃えての逮捕だと思われます。

また、権力が集中しすぎたことも原因のひとつといえるでしょう。

有価証券の過少申告が罪に問われそうですが、50億円ほど過少申告していたそうです。事実だとなれば、世界でも大ニュースになります!

新たな情報が入り次第、更新します。

-エンタメ, 政治・経済・その他ニュース